講師プロフィール
武村愛子

武村愛子ソプラノ

ごあいさつ

皆様、こんにちは。
こちらは、ソプラノ武村愛子が運営する声楽教室、兵庫県三田市・川西市の歌の教室です。
クラシックの声楽、声楽を基としたボイストレーニング(発声)などの個人レッスンや、アンサンブル、コーラス(合唱団)などのグループレッスンまで行っています。現在は、幼児からご年配の方まで歌の好きな方が習いに来られています。

また、発声については、実は私自身が音声障害を起こした経験もあり、当時は歌うことさえも辛いほど悩んでいました。そんな中、現在の師匠に巡りあい、正しい発声と巡り合いました。

ですから、私も生徒さんには正しい発声を身につけて歌うことが楽しいと
感じられるようになって頂きたいと心から願っています。

音楽は、いつの時代も、人々に生きる希望を与え、人生を前向きにさせてくれると
感じています。
また、私自身、これまでの人生で、多くの方々に励まされ、支えられてきました。
私がこうして歌を続けてこられたのも、決して私一人の力ではありません。

ですから、私は、歌い続けることで、少しでも周りの方にそのご恩返しをしていければと
思っています。

「あなたの歌を聴くと元気がでるのよ」と良く言われます。
大変有難い言葉です。
この言葉を真摯に受け止め、舞台に立たせて頂く時は、いつも感謝の心を忘れず、
勇気と、希望と、そして感動をお届けできるよう、これからも益々精進して参ります。

そして、私と共に、歌のレッスンで、楽しく朗らかに、人生をもっと豊かにしましょう。

2016年1月 武村愛子

経歴

大阪音楽大学短期大学部声楽専攻卒業。
関西二期会オペラスタジオ研修所38期生終了。
第20回アジア国際文化芸術フェスティバル銅賞受賞。
第3回神戸新人音楽賞コンクール優秀賞受賞。

オペラでは「ジャンニ・スキッキ」のネッラ役、「カルメン」のミカエラ役、「魔笛」のパミーナ役等に出演。2012年兵庫県立芸術文化センターにてソロリサイタルを開催し、好評を得る。この他、様々な演奏会やイベントにも出演し、関西を中心に精力的に演奏活動を行っている。
現在は関西二期会正会員、日本シューベルト協会会員、神戸オペラカンパニー会員。また、三田市においては、「三田音楽家連盟」の代表として三田の音楽文化発展・向上の為に精力的に活動している。
三田音楽家連盟は、「音の宝石箱」「午後の名曲コンサート」「ふれあいコンサート」という主催公演を開催し、また、様々な依頼演奏なども積極的に引き受け、中でも、郷の音ホール主催・三田音楽家連盟が演奏協力している「クラシック・ミーツ・キッズ」は、毎回満席となる人気のコンサートとして好評を受けている。
声楽教室は、「声のお医者さん」として評判を生み、学校や幼稚園の先生、音大受験生、趣味の方からプロを目指す方まで、発声で悩む人が多く訪れる。